前へ
次へ

お葬式は大規模なスタイルのものだけではない

お葬式というのは、大勢の参列者を招いて大規模に行われるのが一般的であり、そうしたスタイルのお葬式は一般葬と呼ばれています。
しかし最近は、小規模なスタイルやシンプルなスタイルのお葬式もあるため、自分の希望や都合に合わせて選ぶことが可能になっていると言えるでしょう。
まず小規模なスタイルのお葬式としては、家族葬と呼ばれるものがあります。
家族葬とは、遺族や親族などの身内だけであったり、またはそこにごく親しい友人や知人を加えた少人数で行うというスタイルを指します。
身内だけのお葬式なのでアットホームな雰囲気で行えることや、規模が小さい分、費用を安く抑えられるといったメリットがあります。
次にシンプルなスタイルのお葬式としては、一日葬と直葬があります。
まず一日葬は、通夜式を省くことで一日に短縮して行うことができるスタイルであり、遺族の体力的な負担の軽減や、費用が安いというメリットがあります。
そして直葬は、火葬だけを行うというスタイルであり、格安の費用で済ませることが可能です。

Page Top