前へ
次へ

葬式の際に準備しておきたいもの

葬式の際に、準備しておきたいものとして、遺影になる写真があります。
これは、故人にとって最後の記念写真になります。
昔は、集合写真や正装したときの写真を使っていましたが、今は、年配の方が気に入った写真を用意している方もいます。
自分らしく、笑顔の写真もあったりします。
ただ、この準備がされていない場合、残されたご家族の方が写真を見て決める必要があります。
そのため、若すぎないもの、それから故人らしい写真を選んであげることです。
また、昔は加工をして、正装を装った写真にしていましたが、今は、ありのままで、普段着のままでも気に入った一枚を残しているようです。
また、写真ではなく、絵画にされる人もいます。
その場合、プロの方に描いてもらったものがほとんどです。
その際、漫画タッチの自画像はあまり使わないので注意が必要です。
葬式の当日、祭壇に飾るので、ある程度きちんとしたものを使うことがポイントになります。
葬式の準備で忙しいときに決める必要があるので、予め知っておくと便利です。

Page Top