前へ
次へ

これからは家族葬が増えると思われます

葬式を普通にやると葬式をやる側の喪主は大変気を使いますから疲れますし、また 費用も掛かります。

more

小規模な葬式が増加している社会的な背景

葬式は故人を偲ぶ場ですが、近年では近親者のみで行う小規模な葬式が増えています。
核家族化による

more

出棺式や火葬式のみの葬儀形式を考える

仏教式で執り行うことが多い日本の葬式のスタイルですが、必ずしも通夜と告別式を執り行わなければいけない

more

めったに降らない大雪の日の告別式

自分が住んでいる地域では日本の中では比較的温暖地域なので、寒くても雪自体がめったに降ることはありません。
これは1984年の1月末ですが、その日は近親者の告別式の日となっていました。
当時は今と違って葬儀業者の会館でなくて自宅での葬式が一般的な時代でした。
しかしその日の朝になると大雪となっていて、路面には10センチほどが積もっていました。
めったに降らない地域でその大雪のために地域全体がマヒしていて、スーパーは閑古鳥状態だし、列車は運休しているなどの有様でした。
その混乱の中でなんとか親族が集まって告別式こそ行いましたが、今度は火葬場へ行くための手段に困りました。
幸い霊柩車と2台の車だけがスノータイヤ対応になっていたので、住職さんと喪主家族とごく一部の親族だけが乗り込んで火葬場へ行きましたが、残りの親族はノーマルタイヤだったので火葬場へ行くこともできませんでした。
ちなみに当時は今と違って火葬場へ行くためのマイクロバスのサービスもない時代で、ほとんどはマイカーを連ねて火葬場へ行っていた時代でした。

予算に不安が…そんな方にオススメの葬儀社

お得にお葬式をするなら

横浜市川崎で格安の家族葬ができる葬儀場を口コミで調べるなら
地域で圧倒的人気の葬儀場は花葬

Page Top