前へ
次へ

小規模な葬式が増加している社会的な背景

葬式は故人を偲ぶ場ですが、近年では近親者のみで行う小規模な葬式が増えています。
核家族化による交友関係の狭少化や価値観の多様化などによって、従来の大規模な葬式が行われにくい傾向になっています。
また、金銭的な理由で規模の大きい葬式を行うことが出来ないのも理由の一つです。
従来の葬式は葬儀会社の指示するままに行われるのが一般的でしたが、近年では葬式に関する知識が広く知られるようになったことで支出を低く抑える直葬や家族葬を選ぶ世帯が増えています。
また、葬式を終えた後の暮らしを考慮して葬式そのものを行わないケースも増加していることから、顧客を得るために格安の葬儀プランを提案する葬儀会社も増加しています。
その一方で費用の内訳が不明瞭なことでトラブルに発展する可能性もあります。
そのため、葬式の規模に関わらず信頼出来る業者にお願いするのが後悔せずに故人を偲ぶための条件です。
葬式を行う目的を正しく理解するのが遺族に求められる姿勢になります。

Page Top