前へ
次へ

出棺式や火葬式のみの葬儀形式を考える

仏教式で執り行うことが多い日本の葬式のスタイルですが、必ずしも通夜と告別式を執り行わなければいけない、というわけではありません。
火葬の前だけお別れを行う火葬式や火葬の直前だけだど十分なお別れの時間を持つことができない、ということから出棺式というスタイルも誕生しました。
出棺式は火葬を行う前に1時間程度別れの時間を設ける式です。
通夜も告別式も行わないので、費用も抑えることができます。
盛大な葬儀を行う必要はない、と考えている人も多く、出来るだけ簡略化をしたいという場合には火葬式や出棺式のみでよいかもしれません。
今は様々な葬式のプランがあります。
絶対に通夜と告別式を行わなければいけないというわけではありませんし、参列者を多く呼んで一般的な葬儀を行わなければいけないというわけでもありません。
しかしこれには地域差があるので、古いしきたりを大事にしているところでは自分が思うような別れを行うことができないこともあります。

Page Top